Myth & Folklore

“Amaterasu”-The Japanese Goddess of the Sun/天照大神

This article can be read in about 12 minutes.
+2
Pocket

The image of Amaterasu

日本語は英語の下にあります。
Thanks to Japan’s myth from “Kojiki” or a Record of Ancient Matters, we could understand how Japan’s land made and how the Imperial Family started. 
Kojiki was compiled in 712 A.D. 

First of all, there were three different worlds that were “Takamanohara” where the deities live, “Yomino-kuni” or the afterworld, and “Ashiharano-Nakatsu-kuni” that was located between them.  Ashiharano-nakatsu-kuni implies Japan or the real world. 

It was said that the five deities who featured no genders, called “Kotoamatu”,  appeared at the beginning. 
And then, two deities and 5 couple deities who were called “Kaminoyo-nanayo” appeared. 

The last pair were Izanaki and Izanami

How was Japan’s land made?

They started making lands by using a special pike. 
When they stirred the chaotic ocean with the pike, the first island “Onokoro” was made from the droplets from the pike. 
They moved to the island and mated to make two islands. 
However, they failed because the female deity took the initiative. 
On the next attempt, the male god took the initiative and succeeded in making 8 islands including Honshu and Kyushu. 
Later, they made 6 additional islands. 

As a trivia, the first island that they made was Awaji island located near Osaka.  

The root of Amaterasu, the Japanese Goddess of the Sun

After they finished creating the islands, they started creating deities. 
First, they made 17 deities that included 6 deities who protected houses and 11 deities who were related to nature such as wind, trees, grasses, sea and fire. 
When Izanami gave birth to the deity of fire, she got burnt and passed away. 
Izanaki killed their baby because he got angry. 
Interestingly, some deities were produced from his tears and the baby’s blood. 

Anyway, he went to the afterworld to meet with his wife. 
He told to her “why don’t you come with me so we can finish making the nation? ” 
She replied,  “I can’t go with you because I had already eaten some food in the afterworld. 
However, I’ll discuss it with the deities of the afterworld, so would you wait for a while? 
Please don’t look at me”. 

It’s a natural feeling for people to desire something forbidden.  

As you expected, he looked and saw her ugly body which had many worms and the 8 thunder deities that looked like snakes. 
He felt scared and ran away from her. 
She chased him, however he put a huge rock between them to block her. 
Their relationship was over. 
She said that she would kill one thousand people everyday. 
On the other hand, he said that he would create 1,500 people every day. 
Since then, human beings became mortal. 
It’s interesting isn’t it? 

After he returned to this world, he purified himself. 
When he removed his clothing, 12 deities were produced. 
When he soaked himself in a river, another 11 deities were created. 


When he washed his right eye, the goddess of the sun called “Amaterasu” was made. 
On the other hand, the god of moon “Tsukuyomi” was made when he washed his left eye. Finally, the god of storm “Susanoo” was born by washing his nose. 

We know how the Japanese Goddess of the Sun, Amaterasu, was born now. 
We’ll talk about the root of the first Emperor Jinmu next.
We hope you’ll be looking forward to it.

【Translation for language learners of either English or Japanese】/英語・日本語学習者向け翻訳 えいご ・  にほんごがくしゅうしゃむ  ほんやく

古事記から日本の国がどうやってできたのか、皇室がどうやって始まったのかがわかるかもしれません。
古事記は、紀元 712 年に編纂されました。

まず、神々がお住みになる高天原(たかまのはら)と、死後の世界である黄泉の国、日本やこの世を示す葦原中国(あしはらのなかつくに)が、その中間にありました。

はじめに別天津神(ことあまつかみ)と呼ばれた五柱の男女の区別がない独神(ひとりがみ)様がなりました。それから、神世七代(かみのよななよ)と呼ばれる二柱の独神と 五組の神がなりました。

最後の組が、伊邪那岐神(いざなきのかみ)と伊邪那美神(いざなみのかみ)でした。

彼らは、特別な矛を使って島を作り始めました。
その矛で混沌とした大海原をかき混ぜ引き上げると、矛のしずくから最初の島である、”おのころ島”がなりました。
彼らは、その島に移動し、新たに2つの島を作ろうとなさいました。

しかし、伊邪那美神様からお声をお掛けになったので、失敗してしまいました。
次に、伊邪那岐神がお声をお掛けになったところ、本州や九州を含む八つの島を作ることに成功しました。
のちに、もう六つの島を作られました。

最初の島を、淡路島といいます。

島々を作り終えて、伊邪那岐神と伊邪那美神は神産みを始めました。
最初に家屋を守る六神様と風、木々、草々、海や火を含む自然と関係のある十一神様の計十七神様をお産みになりました。
伊邪那美神が火の神様をお産みになった時、火傷をしお亡くなりになりました。伊邪那岐神は怒って、火の神を殺してしまいました。
不思議なことにいくつかの神様が、伊邪那岐神の涙や、火の神様のご遺体から成りました。

さて、伊邪那岐神は伊邪那美神に逢いに黄泉の国に行きました。
彼は、「國(国)作りを終えるために戻っておいでよ」と言いました。
伊邪那美神は、「もう黄泉の国の食べ物を食べてしまったので、貴方と一緒に行けません。しかし黄泉の国の神様達に相談してみますから、少し待っていてくれませんか。絶対見ないで下さいね」と答えました。

駄目だと言われるとしたくなるのが人の常。

期待通りに、伊邪那岐神は見てしまったのです。腐敗して蛆(うじ)がたかりや蛇のような八つの雷神がまとわりついた醜い伊邪那美神の姿を。恐ろしくなった伊邪那岐神は伊邪那美神から逃げました。
伊邪那美神は追いかけます。しかし伊邪那岐神は巨石を置いて、伊邪那美神を食い止めました。
これで甘い夫婦関係も終了でした。

伊邪那美神は、「毎日千人殺しましょう」と言い、伊邪那岐神は、「毎日1,500人うんでみせよう」と仰いました。
それ以来、人間は死を免れぬ運命となりました。
興味深いですね。

伊邪那岐神がこの世に戻った後、禊をなさいました。
お召し物から十二柱の神様がなりました。
川に身を沈められた時に、十一柱の神様がなりました。

右目を洗った時には、太陽神であられる天照大御神様が、一方、左目を洗うと月の神であられる月読命(つくよみのみこと)が成りました。
最後に、鼻を洗うと嵐の神であられる須佐之男命が成りました。

天照大神様がどのようにお生まれになったがわかりましたね。
次は、初代神武天皇につながるご先祖さまを紹介します。
お楽しみに♬

Pocket

+2
Miki

Good day, I am the founder of Aurora Trip Nippon. Also, I am a Certified National Guide, Certified Tour Conductor, Certified General Travel Service Supervisor, as well as a Kimono Consultant.
I love Japan. So, you could ask us anything about Japan.

We're happy if you follow us. We'll inform our webpage's update through SNS!
We're happy if you follow us. We'll inform our webpage's update through SNS!
Aurora Trip Nippon

Comment You may leave a comment or image below.